BBS ▲ ツリー表示へ戻る ▲
------
★52 INO HEAD PARK@水戸ライトハウス/7月5日 [管理人  ]
  冒頭・・・なにやら探検隊なミュージック。
「お宝探しに出るぞ!」なプロローグ。

1番最初にVOLVOがドラムセットに付いて、その後順にSUSSY、FLAKE3、TAKUYAとステージのポジションへ。

そして最後にJETTER MIC&DUTCH☆登場!

ステージ中央に1列に並んでの振りから始まる、新生INOの1曲目は「君に逢いにゆこう」でした!

列の先頭DUTCHも手に光るアイテムを持って踊ります〜。

<セトリ>
君に逢いにゆこう
グルグルTONIGHT
Shall we Dance?(仮)
マイクマンのテーマ
さくら

+++

途中MCでメンバー衣装のそれぞれの動物モチーフを紹介。

TAKUYA・・・ライオン(ギターで鳴き声を表現)

SUSSY・・・ヘビ
(スネイクとも。手をパクパクやりながら「食べちゃうぞv」というハレンチネタ。SUSSYの右目辺りにはヘビ柄のメイクがしてあり、いつかの巳年のライブなんぞを思いだしてしまいました☆ そう思うと衣装の色合いも似てなくもない。)

JETTER MIC・・・ターザン(紹介では「今まで公園の妖精という事でしたが、今回は人間になり(なれ?)ました!」と。人間なんだ。(笑))

DUTCH・・・豹+クジャク(1人で2動物!)

FLAKE3・・・サイ(笑・ベースでサイの鳴き声?)
VOLVO・・・シマウマ(なんて言ってたか忘れる^^;)

今回の主なメインMCはSUSSYがやってました。
あとマイクマンがしゃべり・・・。
私の気のせいかもしれないけど、パーク長って何かしゃべってました?(汗
会話がすべてギターになってた気が・・・。(笑
あとスッシーやマイクマンの振りに答える形でダッチ君がしゃべり。

スッシーからダッチ君についてをあれこれ紹介。
オレ様よりちょっとカッコイイんです! と「ちょっと」を強調。(笑
彼はけっこう「おとぼけ」キャラですよ! と、おとぼけエピソードを1つ。
新しい衣装に合わせて各自で靴を用意することに。
ダッチ君はその靴を選ぶのに3日かかりました。
物色中、ダッチ君からスッシーに頻繁に届く確認メール。
「(靴)こんなのですか?!」と送られてきた写メールに映ってた靴はぜんぜん言ってるものとは違うものだったり、なかなか要領を得なかったらしい。(笑
ダッチ君、恐縮そうに照れ笑いでした。

「オレ様、さっきからダッチの話ばっかりしてますけど」、と苦笑になりつつも、
彼はINOにとっての「宝」です! と言ってました〜。

そのあと「皆さんにとっての宝は・・・!」と振ったんですが、フロア戸惑いながらの沈黙。^^;

「そこで「INO HEAD PARK」って言ってほしかった〜」とスッシー。
そのあと、だんだん、いっぱいいっぱいになってきて、最後は噛んで終了するスッシーでした。^^;

そのいっぱいいっぱいなスッシー。最後の最後で大ポカをやらかす。

ステージ上手端の天井を指しながら、ステージ&フロア、全員をその方向に向けさせると「ジャングルに1つの光が見えます! 」という振り。

「全員が「ロンリースター」の前振り?」と思い始めて、さぁ曲に入るのか・・・と思った瞬間。
パーク長が慌てて下手のスッシーの前まで出て行き、目の前で大きく腕をバッテンに。
「え? なにか演奏間違えたの?」とこちらが思ってると、スッシー大慌てで、
「曲を間違えました〜!」
上手に戻ってきたパーク長がギターで鳴らす音は

♪さくら〜さくら〜 弥生の空は見渡す限り〜

のフレーズ。

スッシー「お? ジャングルなのに日本の古典的な曲が聴こえてくるぞ?」

と、もはやごまかしはきかなかったけれど、強引に最後の1曲「さくら」へ。(笑

(ラストに行く前に「今日は短いんです。」と恐縮そうに謝ってました。)

つづく
2006/07/07 00:49

*Presented by*■MINIMUM CLOSET■ &2apes.com