『URA HEAD PARK Presents Halloween企画
もう〜いくつ寝るとHalloweenだよ!全員集合!!
ワイルドもいいけどこわ~いルドもね!
今宵、Halloween Party開催中!
そんなあなたも欧米化! VOL.10』

イベントボード


※Vo/J-ZEAL(Yu-JI/SuN-BoX)
※B/曽我”JETTSOUL”将之
※Dr/SHOW

※イベント司会:マサキさん
※全編転換MC:J-ZEAL

イベントOP 毒マン:毒マンのテーマ

ViolenSus Luxion
Chick@ttack
&・U
処刑羅威堕亞
tsubaki-VOICE
SuN-BoX

URA HEAD PARK

OP SE アダムスファミリーのテーマ

メリーゴーランド
グルグルTONIGHT
夢幻航路 ※Vo/J-ZEAL
サッサ ※Vo/J-ZEAL
ロンリースター
さくら

※EDは無しのまま、セ・ショーンタイム突入
:Rock and Roll All Nite(KISS)

※曲に行く前に、なかなか出て来ない処刑チームが、TAKUYA・SUSSYの二人に
 お寿司の詰め合わせを差し入れ。(タクヤくんにはマグロ尽くしセット(笑))
 お寿司のまとめ食いを強要される羽目になって、二人共いろいろ酷いことになってました。
 元ファミリーとして巻き添えを食らうSORAくんも。
 「ホコリが入るから、ちゃんとフタはしてね」と細かいタクヤくん。

仮装大会大賞発表、プレゼント抽選会
イベントED パーク長より終了挨拶

+++

「夢幻航路」はURAでの初演奏。
前日のスッシーさんブログでの「すごいのできた」がコレでした。
でもリハーサルでは、最後まで演奏しきっておらず、当日の一発勝負になったので、
寸前まで、演奏するかを迷ったみたいです。(笑)
元ネタ(※)の音源は判りかねますが、プログレ風味って紹介でした。
(※URAアレンジの場合ではだいたい元になってるHR/HMバンドさんがある。)

個人的には、かなりカッコイイ感じに仕上がってて、
思わず感極まりそうにもなった程だった(笑)のですが、
そんな気分になったところで、それを打ち消すような、
J-ZEALくんの「ぃよぉ〜〜〜」という歌舞伎?ちっくなかけ声?で入る歌部分の
なんとも言えない違和感と可笑しさで、肩を震わして笑うお客さんも多々(私も)で、
スッシーさんが言ってた「すごいの」の意味がだいたい伝わりました。

たしかにいろんな意味ですごい夢幻航路でした。(笑)
ちゃんと最後まで止まることなく、演奏しきってしまいましたが、
アドリブ?でやりきってしまったのが、逆に勢い任せでカッコ良かったです。
URAこわいわ〜〜〜。^△^

しかし「サッサ」といい、なぜに和風ちっくな演出が入るようになったのでしょう?^^;
(※サッサはどじょうすくい音頭の振付けが入るよね。)

セットリスト中間くらいのMC途中で、
「Trick or Treat!」という掛け声と共に、飴をまく演出もありました。
(でもどうやら先に銀テープをまく演出を忘れてたらしくて、段取りがチグハグになっていたりも。
 「やることはやりきった!」と、とりあえず納得のSUSSY。)

飴をまくのが、節分みたい→節分は俺(SUSSY)の誕生日って話題になり、
TAKUYAが次は2/3にワンマンをやろう!って話しを振ったら、
どうやらSUSSYは「SUSSY ソロワンマン」をイメージしたのか、
出演者にTAKUYAくんが居ない設定になってしまいました。
(たぶんですが、タクヤくんは「INO ワンマン」って意味だった?)

TAKUYA「え、俺は居ないんだ?」

俺は呼ばれない〜〜〜♪という、急きょTAKUYAの悲しみの歌が出来上がりました。

後日ブログでも書いてますが、SUSSYは久しぶりでもやっぱり9年間やってるだけあって、
とてもしっくりくるなぁ〜という感想を言ってました。

そういえば、ひさしぶりにTAKUYAのギター回しを見て、最近物足りない何かを
発見したような気持ちになりました。(テンション上がる。↑)

今回の機材は、TAKUYA・SUSSY二人ともマーシャルアンプ。(確か)
(SUSSY機材は処刑のライブ前で急きょ壊れてしまったーと言ってましたが、URAではどうなったんだろ?)
TAKUYAギターは、これまでサポート時の使用が多かったESP/HORIZONの個人所有のギターを使っていました。
(シルバーと紫の変わった模様になっているもの)
SUSSYは、ヘタレちゃん・ホワイトVギターでした。

終了時間は22時。
長丁場のイベントでしたが、とても楽しい時間を送ることができました☆
たのしかったー。^▽^

次はVol.11をお待ちしておりまーす。

『INON STOP 東名阪ツアー 〜只今、ブレーキ故障中〜』TOUR FINAL!

※この公演をもって、INO HEAD PARKはしばらくの間休園になります。

イベントボード

※Vo/DUTCH(俊介/Delphic Lucy)
※Vo/J-ZEAL(Yu-JI/SuN-BoX)
※B/曽我”JETTSOUL”将之
※Dr/SHOW

※イベント司会:マサキさん


☆ 一部 start15:00/URA HEAD PARK&CLASSIC

「URA HEAD PARK」

OP SE アダムスファミリーのテーマ

メリーゴーランド
グルグルTONIGHT
NaMgAlSiPS ※Vo/DUTCH
サッサ ※Vo/J-ZEAL
ロンリースター
さくら

ED

〜楽曲はすべてURAバージョンアレンジ
〜※印以外のVoはTAKUYA&SUSSY

転換休憩タイム:BGMは過去ツアーのOP SE集
〜ジャングルツアーやラブラブツアー等・・・全て台詞付きのSEが流れていました。(懐)


「INO HEAD PARK(C)」

OP SE 映画/風と共に去りぬ>タラのテーマ

〜メンバー入場でサイリュームが投下。

S.I.C
メリーゴーランド
グルグルTONIGHT
おじいさんのうた(オリジナルタイトル:大きな嘘)
木枯らしに抱かれて ※Vo/J-ZEAL
恋の呪文は1・2・3!
君に逢いにゆこう

ED 

〜※印以外のVoはDUTCH

(メンバーツナギ色)
TAKUYA&SUSSY・・・オレンジ
DUTCH&J-ZEAL・・・ピンク
 〜ダッチの背中にはルビーちゃんプリント。(これSORAくんが着たヤツだったかな?)
 〜J-ZEALくんは新たにデザインされた仮面着用。随分凝っていました。
曽我さん&SHOWさん・・・サンダーバード
 〜6人分で色統一できるツナギ枚数が無かったので、各色になったとの事。
久々のサンダーバードツナギですが、リズム隊さん達は似合ってましたね!^^
個人的には、パーク長のピンクツナギに「神風」スタイルも見たかった感じしました。
そして黒ツナギはありませんでしたが、黒はふだんのメンバーさんの楽屋用になってしまっているので、
無いんじゃないかなぁ〜と思っていました。
私は今回クルーのお友達にツナギを貸してもらえることになったので、何色でもあるよと希望色を問われたのですが、
あえてステージでは無さそうな黒を選びました。
何故って、KAZUKIさんは黒しか着てなかったからです。はい。^^

・・・やっぱりツナギスタイルのINOを見ると、感情的に何かが走って背筋にもびりびりってくるものがあります。
スイッチが入る感じがしました。><

+

☆ 二部 start19:00/INO HEAD PARK

「INO HEAD PARK」

OP SE INO HEAD PARKオリジナル

夢幻航路
グルグルTONIGHT

Shall we Dance?
Dream catcher

Limelight
恋する宇宙人

道しるべ
シャイニング

CRAZY TRAIN
あなたに・・・

ONE ※Vo/J-ZEAL

サッサ
さくら

ED

EN 1
NaMgAlSiPS

EN 2
ラビリンス

〜※印以外のVoはDUTCH

〜終演後は急きょ会場からの配慮で希望者全員での中打ちが行われることになりました。
 メンバーがフロア全員の人達と直接乾杯して回ったあと、ステージで楽屋トークが行われました。
 話しが尽きる事無く、もう時間です〜のストップで名残惜しく終了解散となりました。

各楽曲すべてにひとつひとつ語りたいことがいっぱいあるので、時間があればまた追加してゆきたいです。

補足メモ
〜TAKUYAの使用ギターでは、URAで久しぶりのB.C. Rich/ワーロックが使われていました。
 クラシック、二部では終始いつものメインギター&アンプはボグナーでした。
〜SUSSYの使用ギターは、URA&クラシックでは名阪でも通して使っていたホワイトVの「LINE」を。
 二部からのINO HEAD PARK本編では赤Vの「FIRE」を使用していました。
 アンプは4/6から使用している「Randall」。
 ファンの方からの情報により、やはりヤフオクで落としたアンプだそうですw →機材情報に追加しました。
 (私が聞いたときは教えてくれなかったのに。><)

『INON STOP 東名阪ツアー 〜只今、ブレーキ故障中〜』
〜男畑中まつり2012☆〜

イベントボード

※Vo/DUTCH(俊介/Delphic Lucy)
※Vo/J-ZEAL(Yu-JI/SuN-BoX)
※B/曽我”JETTSOUL”将之
※Dr/SHOW

※出順 トリ

<セットリスト>

パーク長の気合い入れ

OP SE :INO HEAD PARK(灼熱ツアーver)

夢幻航路

グルグルTONIGHT

〜INO HEAD PARKへようこそ!

Shall we Dance?

Dream catcher

サッサ
~そういえば、大阪もですが、ドリルは2人とも使用無し。(だったはず。)

ED

~久々の「ハイ、ハイ!」で退場。

~TAKUYA、SUSSYと順にヘンテコポーズで戻ってくる。

EN
さくら

※物販メンバー登場。
(TAKUYA、SUSSYの2人が出てきたまでで帰宅したため、その後は不明です。)

※途中、「M、I、・・・」とかいう振りがあったり。
※途中、「木枯らしに抱かれて」の触りが演奏されたり。

※パーク長はセンターでVoをやりだそうとし、「雨の~」という最近お気に入り?らしい演歌な歌い出しをしてました。

『INON STOP 東名阪ツアー 〜只今、ブレーキ故障中〜』
イベントタイトル:「OSAKA MUSE 25th Anniversary “我凪詈~GANARI~”」

※Vo/DUTCH(俊介/Delphic Lucy)
※Vo/J-ZEAL(Yu-JI/SuN-BoX)
※B/曽我”JETTSOUL”将之
※Dr/SHOW

※出順 トリ

<セットリスト>

パーク長の気合い入れ

OP SE :INO HEAD PARK(灼熱ツアーver)

〜幕が開くと同時にステージ開始。

夢幻航路

グルグルTONIGHT

〜INO HEAD PARKへようこそ!

シャイニング

Dream catcher

サッサ

〜センター2人が緑のマイクロモップ。

〜DUTCH&J-ZEAL 同時シンバル蹴り。

(DUTCHシンバルはややかすりで滑り落ちる。)

ED

〜長い長いお辞儀のまま、幕引き

〜アンコールで再び幕が開くと、幕引きと同じ姿勢でお辞儀したままの6人が再度ステージに現れる。

EN

NaMgAlSiPS

※物販にフロント4人が衣裳で登場。

『LET’S GO TOGETHER スリーメンの音楽隊』番外編

☆VO/SORAのラスト公演!

イベントボード


※B/曽我”JETTSOUL”将之
※Dr/SHOW

<セットリスト>

OP SE
〜メンバー入場〜

FREEDOM

グルグルTONIGHT

Dream catcher

君に逢いにゆこう

Let’s Study

タイムマシーン

夢幻航路

サッサ

ED
〜メンバー退場〜

EN

Believe

※曲順番は記憶が適当なので後半不正確です。^^;

夢幻航路では、TAKUYAが曲の前フリ。
しかし、そこに至るまでのくだりのグダグダさは相当酷かったw

サッサの前フリはSORAから。左→右→が逆転してたり、途中で方向が1つ抜けたり。
それでも「けっこう楽しいですね」とSORA。

SORAのTAKUYA/SUSSYへのツッコミが過去最大級。
SORA「久しぶりにSUSSYさんを見たら、でかくなってた」

TAKUYA曰く、リハ?時に会ったらSUSSYがアゴにヒゲをたくわえてた。
(威厳を出すためらしい)
キャンパス(顔のでかさ)がヒゲに比べて大きいよね。
ヒゲを生やす生やさないトークがしばらく。
(タクヤくんの言うジェントルマン風ヒゲは毒マン1号の顔ですよね。)

激しいステージだった為か、SORAの付けているピアスの1つが外れて
SUSSY側に飛んでしまってたのを、SUSSYが拾って渡していました。

今日はライブ前にみんな(タクヤ除く)でハコ近くにあるスタミナ丼を食べにいきました。
ステージ中も腹に残って、ちょっときつい。
SUSSYもSORAもニンニクくさい。
SORAと曽我さんは量が多過ぎて残したけど、
SUSSYとSHOWさんは完食したから(出されたものは残さず全部食べる主義)、
もっときつい。

本編が終わってステージを降りた直後に、SUSSYのヘッドマイクがONのままで
フロアに会話が響き渡る。
SHOWさんに向かってスタ丼がやばかった〜という話しを続けていました。(笑)
あまりにずっと続いてるから仕込みのネタなのかと思えるほどでしたが、
ほんとのトラブルだったみたい?

アンコールでステージに戻ってきてから、もうスタ丼の話しは止めてくれというSUSSY。

そんな話しのあとで、最後にTAKUYAが花束を携えてステージに現れて、
SORAの卒園への言葉を授与。

そしてアンコール曲はSORA加入で最初に作った曲「Believe」。
SUSSY曰く、この曲は「応援歌」なんだよ。みんな知ってた?
あとでちゃんと歌詞カード開いて、読んでみてね。

SORAくん、このバンドで1年間よくぞ耐え・・・がんばってくれました。w

1年間、たくさんの事がギュッと詰まっていて、1年以上の感覚だとSUSSY。
(私もそう思います。)

SORAの希望で、いつも通りの楽しい空気でのライブにしたかったという事で、
明るく笑顔たくさんの楽しい時間になりました。

1年間ありがとう。お疲れ様!! ^▽^

・・・

終演後、メンバー3人そろって物販を行っていました。
最後に直接お話もできる時間があって、CREWさん皆満足だったと思います。

私は、最後だというのに、なんだか普通にお買い物だけしてましたー。^^;
とくに何も声かけもしなかったよ。苦笑
ステージで十分満足だったから、それで十分だったのかも〜。

・・・

ちなみにいつもとちょい違ったギター隊のアンプセット。
SUSSYが今回使っていたのは、「Randall」というメーカーアンプでした。
ここ最近、イベント時ではヒュース&ケトナー、
ワンマンだとPEAVEY5155を使うのをよく見てたので、
また別のメーカー出て来ると気になります。
私はINOでは初見ですが、過去にも使っていたのかなぁ??
それともラジオで言ってたヤフオクで落としたヤツなのかなぁ??

だいぶ重低音はきかせたステージだったように思います。

『LET’S GO TOGETHER スリーメンの音楽隊』番外編

イベントボード


※B/曽我”JETTSOUL”将之
※Dr/SHOW

<セットリスト>

OP SE
〜メンバー入場〜

FREEDOM

グルグルTONIGHT

Dream catcher

夢幻航路

サッサ

ED
〜メンバー退場〜

出順は4番目。(トリ前)
※終演後に物販にメンバー登場。

気合入れは、あったようですが、後ろはほとんど聞こえず。
(というか、前方上手さんしか聞こえてなかった模様。)

パーク長の気合のイエイイエイイエーイ!

スッシー「たくちゃんはいくつになったの?」

タクヤ「? 3さい?」

スッシー「3ちゃいだよね」

タクヤ「ソラは何歳?」

ソラ「それ、俺はなんと答えれば・・・」

スッシー「俺は みっつまんぐろーぶ・・・」

会場のポカンの様子をすぐに察知したスッシー。
即座にあーーーーって叫んで、自分の過ちに気づきました。

事故です。事故。

スッシーはDUSTAR-3さんにお寿司代の領収書を切られて、他人(会場)に責任を押し付けてました。

今回のスッシーさん、今まで着けてた衣装バンダナは無しでした。
→忘れたとかなんとかで、特別な理由はないみたいですが。
ちなみにアンプはワンマンと同じく、今回も5105。
音楽隊のツアーは5105が多く登場してましたね〜。

最後のED挨拶、スッシー1人でタイミングがぐちゃぐちゃ。
いつもの揃って一礼ができないまま、ぐだぐだで終わってしまいました。
ここがきっちり出来るか出来ないかは大きいけども、
今回の会場はアットホーム的な様子だったので、まぁご愛嬌って感じでしたかね。

そういえば、OPではタクヤくんがなにかやらかしていたような。^^;

MCでしゃべってる事が多いのでひとまずスッシーに内容が集中しますが、
ソラくんもタクヤくんもサポートさんも、みなさん今日もカッコ良かったです〜。^^

笑顔たくさん貰って、元気も貰いました☆
たのしかった〜。

『LET’S GO TOGETHER スリーメンの音楽隊』番外編

イベントボード


※B/曽我”JETTSOUL”将之
※Dr/SHOW

<セットリスト>

OP SE
〜メンバー入場〜

FREEDOM

グルグルTONIGHT

366

タイムマシーン

サッサ

ED
〜メンバー退場〜

出順はトップバッター。
(出順が早かったので間に合わずに見られないクルーさんがチラホラしてた模様。)

サッサのドリルギターはTAKUYAのみ、SUSSYはピック。
ドリルの途中で、背弾きを始めるタクヤくんにスッシーも乗っかって、
2人並んでの背弾き演奏になりました。

スッシーは後半でバンダナが、顔の真ん中まで目隠しのようにずれて落ちてしまったので、
そのまま取り去ってステージを続けていました。
(私が見たときは目隠しから取り去るとこまでだったので、何が起きたのか事情が判りませんでしたが、単純にずれてしまったそうです。)

INO HEAD PARK 2011 秋TOUR
『LET’S GO TOGETHER スリーメンの音楽隊』
TOUR FINAL ONEMAN LIVE

OA:delphic lucy
※前Vo/DUTCHの活動再開、ステージ復帰☆
〜イベント開始前に、スクリーンの映像にてTAKUYA&SUSSYが挨拶。
 その映像内にて、DUTCHもいち早く登場。

※B/曽我”JETTSOUL”将之
※Dr/SHOW
※ゲストPerformer/J-ZEAL

<セットリスト>

※INO HEAD PARKの結成時代から、これまでの歴史を振り返る映像。
〜そして、今回のツアーの主題へと物語が始まる。

OP SE
〜メンバー入場〜

FREEDOM
グルグルTONIGHT

※J-ZEAL登場
(衣装は2010年モンスターツアー時のもの)

Shall We Dance?
マジカル Sweet Heart
シャイニング

CLAZY TRAIN
Limelight

※J-ZEAL退場

〜3ヶ月リリースシングルのジャケットの秘密の種明かしパフォーマンス

366
あなたに・・・

〜メンバー3人による「にんげんがっき」のパフォーマンス

大きな古時計
Dream catcher
Let’s Study

タイムマシーン
さくら
サッサ

ED:スリーメンの音楽隊がフロアを大行進☆

EN
夢幻航路
ラビリンス

※最後にDUTCH(黒ツナギにベースボールキャップ姿)も
INO HEADの面々と揃ってステージに登場。
メンバー&クルー全員で手を繋いで、終了の挨拶になりました。

+++

(ひとまずなメモ)

・ステージの装飾はドラムセット裏手にINO旗が掲げられたもののみと、比較的シンプルに。
・特効は、CO2、緑のサーチライト、366での雪の演出など、
 ワンマンならではの久々のINO HEAD PARKらしい多彩っぷり。
・(確か?)大きな古時計のアレンジに使われていたのが、マイ・シャローナ(ザ・ナック)だったり。
・SORA加入後初めての演奏となった「さくら」は5人体制向けにアレンジ。
 MICさんの役割をSUSSYが引き継いだので、TAKUYA&SUSSYでやっていた振付けは、下手ベースの曽我さんが引き継いでいました。

※セットリストは、CREWさんから情報提供の協力をいただきました。
 ありがとうございます☆

INO HEAD PARK 2011 秋TOUR
『LET’S GO TOGETHER スリーメンの音楽隊』

イベントタイトル「Win Won Winter ~淳一郎宮様御生誕祝賀祭~」

イベントボード


※Dr/SHOW
※B/黒崎 “963″ 一弥

<セットリスト>

OP SE
〜メンバー入場〜

FREEDOM

グルグルTONIGHT

366

Dream catcher

タイムマシーン

サッサ

ED
〜メンバー退場〜

INO HEAD PARK 2011 秋TOUR
『LET’S GO TOGETHER スリーメンの音楽隊』

イベントタイトル「Win Won Winter ~We are the クリスマ★スター~」

イベントボード


※Dr/SHOW
※B/黒崎 “963″ 一弥

<セットリスト>

OP SE
〜メンバー入場〜

FREEDOM

グルグルTONIGHT

366

Dream catcher

タイムマシーン
※ツアー初日から演奏の2曲目の新曲

サッサ

ED
〜メンバー退場〜

セッション:ジングルベル〜I WANNA エントツ!

プレゼント抽選会